収支実績~2021年4月~

2021年4月の収支実績を公開します。

家計簿としてマネーフォワードを利用しています。

~前提~

DINKS世帯で嫁とは財布を分けています。

ご紹介するのは夫である自分だけの収支実績です。

これとは、別に嫁の収入もあります。

収入については、34歳一部上場企業の係長レベルです。

支出については、二人分払っている項目もあれば、全額嫁に払ってもらっているものもあります。

月次収支

貯蓄率は約34%でした。

手残りの13万は貯蓄や株の購入資金に代わります。

収入実績

2021年3月収入:398,835円

3月は何回か出張があったため、経費、日当が4月に振り込まれています。

支出実績

2021年3月支出:262,717円

今月は固定資産税の支払いが大きかったです。先月の税金還付と相殺されてます。

日帰りで遊びに行ったのでその代金が1万5円くらいで、後は生活費です。

仕事中に昼は食べないので、自分の食費は380円のみに抑えられています。1回外食していますが、それ以外は家で食べているのでかなり抑えられている感じです。

~参考~

支出負担はだいたい下記のように分けています。

自分
食料品、外食費外食費
日用品税金関係
光熱費
通信費(携帯は個別)

まとめ

先月から出張がなくなっているので、基本給の中で税金等を支払うと手取りは減る予想です。出張日当が大きかったので、年間の収支に影響があると思います。支出はローン支払いを除くとかなり抑えられているかと思います。携帯代はUQから楽天にするともう少し抑えられそうです。機種変が必要なのですが、やっぱり今の機種が気に入っているので、もう少し見送りたいと思います。あまり改善ポイントは見つかりませんでした。

ほんとは家計全体の最適化ができればよいのですが、嫁の財布まで口出しはしないことにしています。アドラーの言う「課題の分離」というやつです。

↓↓おすすめ本です。↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/5/16時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました